お尻の黒ずみやシミの悩みに!塗るだけ簡単美尻クリームランキング

おしりがかぶれてしまう原因とかぶれた場合にとるべき対処法とは

【お尻の黒ずみシミ用クリームランキング】簡単ケアで見せたくなる桃尻に♪ > おしりの黒ずみ対策 > おしりがかぶれてしまう原因とかぶれた場合にとるべき対処法とは

おしりのかぶれと聞くと赤ちゃんのおしりかぶれを連想してしまう人が多いと思いますが、おしりのかぶれは大人の場合でも起こります。
赤ちゃんよりも肌が強くなっているので、比べた場合にはそれほど発生する頻度は少ないと言えますが、おとなのおしりかぶれは多くの人が体験したことがある症状です。

ここでは、なぜ大人のおしりかぶれが起きてしまうのか、原因を紹介します。

原因を正しく知らないとかぶれを解消することが出来ないことがあります。
しっかりと原因を理解しましょう。

おしりがかぶれる原因は?

おしりのかぶれは、肌が刺激に耐えられなくなったことによって起こります。
原因を1つずつみていきましょう。

汗が原因

まず汗によるおしりかぶれの場合、汗をかくこと自体には何の問題もありませんが、それを放置することで汗がおしりの周りに残ったままの状態となります。
特に座り仕事などをしている方はイスとおしりの間に汗が溜まり易くなりますし、それが乾燥されないことにより長時間の間湿った状態が続くことになります。

座っているとどうしても、その部分の温度が高くなりやすいです。

汗をかきやすい状態が続きますし、継続的に汗をかき続けることで常におしりは汗にさらされていることになります。
この状態はおしりの皮膚にとっては最悪の状態となり、残った汗によって肌に刺激が与えられることでかぶれという状態を作り出すことになります。

衣類と肌の摩擦が原因

次に衣類によるかぶれの場合は、肌と衣類が擦れることで刺激を与えてしまうことになり、それが続くとかぶれという状態を作り出してしまうことになります。
この擦れという刺激は肌にとってはあまりよいものではなく、特に肌に密着している衣類を身に付けている場合は摩擦が起きやすくなります。

その刺激に耐えられなくなった場合に炎症が引き起こされ、それがかぶれと言う形で表面化することになります。
ナプキンの場合はナプキンによる擦れだけでなく、ナプキンに付着した血液やオリモノによるかぶれが置きやすくなります。

これは血液やおりものが肌に長時間付着することによりそれが刺激となり炎症を引き起こすことになります。
また、血液などが付着していることでナプキン内が湿気を帯びやすくなりその湿気により肌の炎症がおきてしまう場合もあります。

洗剤や柔軟剤が原因

洗剤や柔軟剤が原因となるおしりかぶれも多く、この場合使用している洗剤などの成分が肌に合わない場合に炎症を引き起こしやすくなります。
現在販売されている洗剤や柔軟剤には汚れ落ちを良くするための化学成分などが使用されており、それが肌に合わない場合刺激となりかぶれと言う症状が現れることになります。

この場合洗剤の成分に肌が負けてしまっているわけですので、肌に合わない洗剤などを使用し続けている限りおしりかぶれを解消することが出来ないと考えなければいけません。
どの原因の場合も対処法はありますので、まずは自分のおしりかぶれの原因が何なのかを正しく把握して対処を考える必要があるでしょう。

おしりにかぶれができたときの対処方法とは?

おしりかぶれが出来た場合には、その原因となるものをまず取り除かなければいけません。

衣類などの摩擦が原因の場合は着用している衣類を摩擦の少ないものに変えるなどの対処を行うことが必要です。
また、ナプキンによるおしりかぶれの場合定期的にナプキンを取り替えておしりを常に清潔で観想した状態にすることでかぶれを改善していくことが出来ます。

洗剤や柔軟剤の成分が原因の場合は、肌に優しい成分を使用している洗剤などに切り替えてみることで、洗剤成分による刺激を抑えることが出来ます。

汗をかいたことよるかぶれに関しては、汗でおしりが湿った状態にならないようにするためにイスに座りっぱなしにならないことや、汗をかいた場合は速やかにそれを拭き取り乾燥した状態を保つことも必要となります。
汗をかきやすい場合や下着を取り替えるなどの対策も有効となります。

かぶれがひどい場合には薬や軟膏で対処を!

かぶれ部分に激しい痒みを感じたりすることも考えられますので、おしりかぶれを作らないための対処を行いながら肌のかぶれを改善していくことも必要となります。

その場合にはおしりの炎症を抑えることが出来る薬を使用することが効果的となり、薬局やドラックストアで販売されている軟膏などを使用することで炎症を鎮めることが出来ます。
一般的な薬局やドラッグストアには大人用のかぶれを抑える軟膏やクリームが数多く販売されていますので、それを使用することで炎症は確実に緩和することが出来ます。

クリームや軟膏には種類があり、保湿効果を高めることで肌を正常な状態に戻しかぶれを解消するものや、炎症を抑える成分が配合されている軟膏などがあります。

そのため肌の状態に合わせて使い分けをする必要もありますし、症状が軽いのか重いのかでも使用する薬の種類が変わることになります。

症状が軽い場合はオロナイン軟膏やフェミニーナ軟膏などを使用することでかぶれを解消することが出来ます。
これらの軟膏は使用されている成分がそれほど強いものではないので軽いかぶれであれば肌への負担も無く症状を改善することが出来ます。

しかし症状が重いかぶれの場合はこういった軟膏ではかぶれを改善できないため、その場合にはステロイド配合の塗り薬を使用することになります。
ステロイド配合の塗り薬の場合炎症を引き起こしているたんぱく質を押さえ込む働きを得られますので、その効果により酷いかぶれであっても改善していくことが可能となります。

それだけステロイド配合の塗り薬は強い効果があるものだといえるでしょう。
ただし継続した使用には不向きであり、使用し続けると肌に悪影響を与えてしまう場合もありますし、肌が弱い人には不向きであるというデメリットもあります。

そのため購入する場合には店員などに相談してから薬を選ぶほうが良いでしょう。
かぶれがかなり酷い場合には医療機関を利用することも改善するための方法となります。

皮膚科では適切な処置をしてくれますし、肌の状態に合わせた薬物治療も行ってもらえます。
塗り薬も市販のものよりも強力なものを使用する場合もあり、短期間でのかぶれ解消が可能となるでしょう。

大人のおしりかぶれは放置しておくと悪化する可能性が

大人のおしりかぶれは放置しておくとさらに悪化する場合があります。そのため自分の症状を正しく理解してそれに対して効果のある対処を行うことと、薬を使用して短期間で炎症を鎮めることが痒みなどで悩まなくて済む方法となります。正しい対処をすればおしりかぶれは必ず完治できますので、適当な処置ではなく肌を改善することができる対処を知りそれに沿った治療を行いましょう。

お尻の黒ずみに悩む人に…おすすめ関連記事
お尻の黒ずみを改善!美尻クリームおすすめランキング
お尻の黒ずみをケアすると言っても、お尻用クリームは沢山あります。数あるお尻ケア商品の中でも黒ずみに効くクリームを比較しランキングにしています!