お尻の黒ずみやシミの悩みに!塗るだけ簡単美尻クリームランキング

気になるお尻のブツブツ!その正体と治療法とは?

【お尻の黒ずみシミ用クリームランキング】簡単ケアで見せたくなる桃尻に♪ > おしりのニキビ > 気になるお尻のブツブツ!その正体と治療法とは?

気になるお尻のブツブツ!その正体と治療法とは?

お尻にはブツブツができやすい

お尻は、摩擦や圧迫、刺激が多く、しかも座る姿勢では体重を支えているため、角質が厚くなりやすくなっています。
そのため毛穴がとても詰まりやすく、ニキビや吹出物が発生しやすい場所でもあります。
しかも常に衣類で覆われているため通気性が悪く蒸れやすいので、できてしまったニキビも治りにくいのです。
顔や腕と違ってお尻の場合、汗を拭いたり化粧水をつけたりしないうえ、座るたび刺激を与えることになるので、なかなか治らないことが多い場所といえます。
お尻に何かできているけれど、人に話しにくいし病院にも行きづらい。見えにくい場所なのでお手入れもしにくく、気づいた時にはかなり進行していた、なんてことも…。
今回はこの悩ましいお尻のブツブツ、その正体と治療法をご紹介します。

 

お尻のブツブツ、これはニキビ?

下着の中は蒸れやすく、菌が繁殖しやすい状態になっていて、実はお尻はアクネ菌が増殖しやすい環境になっています。
さらに締め付けの強い下着や、椅子に座って長時間デスクワークを続けることにより、血行不良になってしまうと、肌の新陳代謝がうまくいかず、角質が毛穴にたまり詰まってしまいます。
毛穴が角質や皮脂で詰まってしまうと、中でアクネ菌が増殖して皮膚の表面に炎症が起きます。これがニキビです。
炎症が起きる前は白っぽいですが炎症が悪化してくると赤くなったり黄色くなって痛みを伴います。

治療法

お尻にニキビができてしまったら、極力刺激を与えないようにして(できれば長時間座らない)、清潔に保ちます。
シャンプーやボディーソープのすすぎ残しが原因になっていることもあります。座ったままシャワーを浴びているとお尻がすすぎ残りがちなので、しっかりと洗い流すよう心がけましょう。
通気性の良い下着やパジャマに切り替えるのもポイント。締め付けず、蒸れないもので綿100%の素材が最適です。家にいる時間だけでも、できるだけお尻が空気に触れるようにしましょう。
また、お尻専用のニキビ対策クリームもあるので、継続的に使ってみるのもいいかもしれません。
それでもなかなか治らない場合は、皮膚科を受診してください。診察室が個室になっていたり仕切りがあったりする皮膚科も多くありますので、心配せずにお医者さんに相談しましょう。

 

しこりがある場合は「粉瘤」かも

ニキビかな?とさわってみた時に、しこりのように膨らんでいることがあります。
肌色のしこりの中央がくぼんでいて黒い点があるような場合、それはニキビではなく粉瘤(ふんりゅう)である可能性が高いです。
粉瘤はアテロームとも呼ばれ、ニキビとは違い、皮下脂肪に老廃物がたまって袋状にふくれあがってしまった良性の腫瘍です。
痛みやかゆみがないことが多いですが、通常は皮膚の外に出て行くはずの垢や皮脂がたまってしまっているので、自然に治ることはありません。
どんどん膨れてしまったり、いくつも増えてしまったり、同じ場所に繰り返しできたりすることが多いのが粉瘤の特徴です。
放置しておくと細菌が入ったり、炎症を起こすと腫れてきて赤くなり、痛みをともないます。

治療法

できるだけ粉瘤が小さいうちに、皮膚科を受診しましょう。老廃物が溜まった袋を、小さな手術で取り出すことができます。
指でつぶしたりして自己処理するのはNGです。黒ずんだり跡が残ってしまうだけでなく、老廃物が溜まった袋自体は残っているので、再発してしまいます。

 

「毛孔性苔癬」の可能性

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは、肌の表面に小さなブツブツができる皮膚疾患です。
古くなった角質が毛穴の周辺にたまっていき、厚みが出てざらざらしたお肌になっていきます。若い世代の二の腕に多く見られます。
細菌などによって炎症を起こしているわけではないので、痛みやかゆみはありません。

治療法

肌の表面のほうがブツブツしていて痛みなどがない場合は、毛孔性苔癬と考えてよいでしょう。
健康上問題はありませんが、外見が気になる場合は、ピーリングなどで角質を除去し、保湿を心がけることである程度改善します。

 

お尻にブツブツを作らないために

お尻以外にも、ニキビや吹出物を作らないためには日頃の努力が肝心です。
皮脂が過剰に分泌されないように脂肪や糖分の多い食事は控え、ストレスをかかえず、睡眠をしっかりとりましょう。
規則正しい生活を送ることで、肌のターンオーバーが促進され、角質も溜まりにくくなります。
そして下着や寝具は、通気性の良いものを選び、洗って清潔に保つことも大切です。
お尻にニキビなどができやすい人は、メッシュ製の椅子や低反発クッションなどを使って、座っている間のお尻への刺激を少なくしたり通気性を確保するのもいい方法です。
常に隠れているパーツであるお尻。だからこそ、意識してこまめにお手入れし、ツルツルを保ってあげましょう。

 

 

お尻の黒ずみに悩む人に…おすすめ関連記事
お尻の黒ずみを改善!美尻クリームおすすめランキング
お尻の黒ずみをケアすると言っても、お尻用クリームは沢山あります。数あるお尻ケア商品の中でも黒ずみに効くクリームを比較しランキングにしています!