お尻の黒ずみやシミの悩みに!塗るだけ簡単美尻クリームランキング

お尻黒ずみの原因と改善方法!デスクワークの人は要注意です!

【お尻の黒ずみシミ用クリームランキング】簡単ケアで見せたくなる桃尻に♪ > おしりの黒ずみの原因 > お尻黒ずみの原因と改善方法!デスクワークの人は要注意です!

おしりの黒ずみが気になるけれど、部位がデリケートなだけに相談できずに悩んでいる女性は、多いのではないでしょうか。

なぜお尻に黒ずみができるのか、原因も気になりますし、なんとか改善したいですよね。

ここでは、お尻の黒ずみができる原因や、できてしまったお尻の黒ずみの改善方法、お尻をきれいに保つための予防策について紹介します。

お尻黒ずみの原因は「肌ダメージ」と「ターンオーバーの乱れ」

お尻黒ずみの原因行動はたくさんありますが、基本的には「肌ダメージ」「ターンオーバーの乱れ」が大きく関係しています。

「肌ダメージ」によって働く黒い色素のメラニン

メラニンは黒い色素のことで、メラニンが働くことによって黒ずみになってしまいます。

そもそもメラニンは、肌に刺激が起きた時に守るために働くものです。

その為、肌ダメージのある行為を繰り返していると黒ずみになりやすくなってしまいます。

メラニンを定着させているのは「ターンオーバーの乱れ」

しかしメラニンは、健康な肌であれば自然と排出されていきます。

この排出し、肌が新しく入れ替わることがターンオーバーです。

28日周期で新しい肌に生まれ変わる筈ですが、このサイクルが乱れると、メラニンが排出しきれずに溜まって黒ずみとなってしまいます。

お尻黒ずみを作る原因行動は?


では具体的にどういう行動が良くないのかを紹介します。

肌ダメージからメラニン生成を促してしまう行動

デスクワークで長時間座ることによる圧

デスクワークなどで長時間同じ姿勢で座っていると、お尻に長時間圧がかかることになり、お尻の黒ずみの原因になります。

長時間座り続けることで、お尻にかかる圧が肌の刺激になりメラニン色素が生成され黒ずみになってしまいます。

1~2時間に一回ほど、休憩をとったり椅子にクッションを使用することでお尻にかかる圧を軽減することができます。

外部からの刺激や摩擦

  • 過度なピーリング
  • ゴシゴシ洗い
  • 衣服の締め付け

黒ずみがあるようお尻は皮膚がゴワゴワしたり固くなってしまい、ついゴシゴシ洗いやピーリングをしてしまいがちです。

しかし、肌にダメージを与えてしまうため逆効果になってしまいます。

また、衣服の締め付けも肌ダメージにつながり、メラニン生成を促します。

スキニーなどの締め付けの強い衣服を着る方は頻度を減らすようにしましょう。

かぶれや炎症

かぶれはかゆみを伴う場合、掻いてしまうと炎症が悪化してしまいます。

炎症が起こると、黒ずみになりやすくなります。
ニキビ跡から黒ずむ場合も炎症が原因となっています。

ターンオーバーの乱れから黒ずみを定着させてしまう行動

肌の乾燥が原因で「過角化」を起こす

おしりが乾燥していると、バリア機能が低下し外部からの刺激に弱くなります。
すると、肌を守ろうと角質が厚くなる「過角化」が起こります。

過角化とは、肌のターンオーバーが正常に行われず、肌がごわごわと固く、分厚い状態になることです。

過角化は肌がくすんで黒ずんで見えてしまうだけではなく、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるため、ニキビもできやすくなってしまいます。

生活習慣の乱れによるホルモンバランスの乱れ

  • 睡眠不足
  • 栄養不足、栄養の偏り

睡眠中は、古い角質や老廃物の排出を促す成長ホルモンが分泌されます。

睡眠時間が短い、または質が低下すると成長ホルモンが十分に分泌されず、肌のターンオーバーが機能しなくなってしまいます。

また、ビタミンCなどの栄養素やたんぱく質が不足すると、老廃物が排出されにくくなり、肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

お尻の黒ずみを改善する一番の近道は専用商品

お尻黒ずみをつくる原因行動の代表例を紹介しましたが、気をつけても黒ずみが無くなるまでには時間がかかったり原因の改善自体が難しいものばかりです。

早く確実に改善していきたい場合は、専用のケア商品を使うのが一番の近道です。

お尻の黒ずみ専用商品選びのポイントは「保湿×美白×抗炎症」

保湿成分

保湿はバリア機能を高める事ができます。

保湿することによって「ターンオーバー」を正常にしたり、肌ダメージを軽減することができます。

代表成分…ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン

美白成分

既に黒ずみができている場合ケアをする必要があります。
そこで必要なのが美白成分です。

美白することによって黒ずみだけでなくニキビ跡のケアにもなります。

代表成分…グリチルリチン酸2K

抗炎症成分

炎症していると、更に黒ずみが悪化してしまいます。

赤みが伴い炎症している黒ずみの場合は、黒ずみケアと一緒に炎症を抑える必要があります。

そこで必要なのが抗炎症成分です。

代表成分…トラネキサム酸、プラセンタエキス、ビタミンC(誘導体)

お尻の黒ずみ改善におすすめはハーバルラビット


>>詳細を公式ページで見てみる<<

  • 保湿×美白×抗炎症成分が配合しているから黒ずみを改善!
  • 気になるお尻ニキビにも効果有り!
  • 口コミで話題!テレビで紹介され雑誌モデルの子も愛用中!
  • 可愛いパッケージで持ち運びも恥ずかしくない
  • 60日間の返金保証有り◎

ハーバルラビットはお尻黒ずみの改善成分が3種しっかりとカバーしています。

また、お尻黒ずみの改善に必要な成分が配合されている他商品の中でもハーバルラビットは購入しやすい価格!

テレビやラジオで活躍の中村田莉ちゃんも愛用している商品で、某口コミサイトでも高評価の人気商品です♪

ハーバルラビットの公式ページはこちら

お尻の黒ずみのケア商品を徹底比較

編集部はハーバルラビットがおすすめですが、その理由は他商品と比較してもハーバルラビットが優れているからです。

その理由が分かりやすいように下で比較してみました。
通販だけではなく市販の商品とも比較しています。

ハーバルラビット ピーチローズ イビサ ニベア

>詳細はこちら<

>詳細はこちら<

>詳細はこちら<
キャンペーン料金
4,250円 5,195円 4,470円 なし
保湿成分
トリプルヒアルロン酸
トレハロース
セラミド
コラーゲン
超低分子ヒアルロン酸
セラミド
ヒアルロン酸
シロキクラゲ多糖体
ほか
ワセリン
グリセリン
ほか
美白成分
水溶性プラセンタ
ビタミンC誘導体
米ぬかエキス
クララエキス
桑エキス
トラネキサム酸 なし
抗炎症成分
グリチルリチン酸2K グリチルリチン酸2K
アラントイン
グリチルリチン酸2K
サクラ葉抽出液
なし

ハーバルラビットは保湿成分はなんと4種も!成分が優秀

ハーバルラビットは三大保湿成分と呼ばれている主な保湿成分がすべて入っています。

また、その他にも抗炎症成分、美白成分も入っているのでお尻黒ずみにしっかりと作用します。

キャンペーン価格が一番安くて試しやすい!

成分が優秀だと心配になるのが価格。

ただ、キャンペーン価格を比べてみてもハーバルは一番試しやすい価格でコスパが◎!

市販品はニベアに関わらず成分がイマイチ…

市販品は安いのでまず試してみようという人にはピッタリですね。

しかし、どの市販品も保湿×抗炎症×美白の全てをカバーできる商品はありません。

また、ニベアは保湿成分は入っているもののどれもオイル系のため、過角化し分厚くなった皮膚には浸透しにくいのも難点となり、効果はあまり期待できません。

ハーバルラビットの公式ページはこちら

皮膚科での治療は?

お尻の黒ずみを今すぐに治療したい!という即効性を求める人には皮膚科になります。

効果はありますが、治療法によってはその価格が高くなることもあります。

レーザー治療

レーザーは、色素沈着や黒ずみの原因であるメラニン色素を破壊し、黒ずみや色素沈着を改善します。

レーザーは、作用が強いため1回の施術で効果が期待できるようです。
また、黒ずみや色素沈着が消えない場合は、2~3ヶ月後にもう1度照射することがあります。

>>レーザー治療について詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、古い角質や毛穴に詰まった角栓を取り、肌をきれいにする治療法です。

ケミカルピーリングは、黒ずみだけでなく、にきびやシミ、たるみなどさまざまな肌トラブルに働きかけます。

薬剤を使い、強制的に肌をターンオーバーさせるので、非常に効果があるのです。

外用薬・内服薬

皮膚科で処方される外用薬は、ハイドロキノンやトレチノインなどがあります。
ハイドロキノンは、美白ケアにも使用されており、肌の漂白効果やメラニンの生成を抑える働きがあるのです。
また、トレチノインは、古い角質を取り肌のターンオーバーを促す働きがあります。

黒ずみを改善するために、ピーリングできる石けんなどを処方される場合もあるようです。

内服薬は、シナールやトラネキサム酸などが配合されたものが処方され、身体のなかから黒ずみを改善します。
市販でも購入ができますが、医師から処方された内服薬のほうが、効果は高いです。

おしりの黒ずみの予防策

お尻の黒ずみは、できてしまうと厄介ですよね。
美尻をキープするための、お尻の黒ずみの予防策をご紹介します。

お尻の黒ずみができる原因は様々です。
予防策を考える上で、まずタイプ別に原因を把握することが大切です。

例えば、お尻のニキビによる炎症が原因なら、保湿だけでなくお尻ニキビの改善が必要です。

それぞれの原因に合った予防策を美容法としてご参考にされてください。

保湿

おしりも、しっかりと保湿をし乾燥を防ぎましょう
乾燥により、肌がごわごわしてしまい、黒ずみの原因となります。

乾燥は黒ずみの主な原因となるので、とくに乾燥する冬は注意が必要です。
クリームなどをおしりに塗って保湿し、潤いを保ちましょう。

補水

おしりの肌ケアは、顔と同じく補水も必要です。
おしりは、角質層が分厚いため市販の商品では成分が浸透しにくいため、すぐには改善しません。

そのため、セルフケアをする場合は、根気強くケアすることが大切です。

下着の素材、形、サイズ

下着は、毎日おしりに触れるものなので、自分に合う素材サイズを選びましょう。
肌に合わない素材やサイズは、摩擦をおこしてしまいます。

下着の素材でおすすめなのは、シルクやコットンなど通気性や保湿の良い天然素材100パーセントのものです。

生理中のナプキンも、相性が良くないと摩擦の原因となってしまいます。
ナプキンはこまめに変え、肌に刺激の少ないものを選びましょう。

また、下着のサイズが小さいとおしりが締め付けられて、血行やリンパの流れが悪くなります。
血行やリンパの流れが悪くなると、老廃物が溜まりにきびの原因になるのです。

下着は、通気性がよく自分に合うサイズにするとよいでしょう。

清潔に保つ

おしりは、普段から清潔にしましょう。
石けんを泡立てて、やさしく丁寧に洗うとよいです。

お尻をきれいに洗えていない原因の一つに、すすぎ残しがあります。
先に頭を洗い、そのあと身体を洗うとシャンプーやリンスのすすぎ残しを防ぐことができます。

また、汗をかいたらなるべく早めに洗いましょう
汗による炎症や湿疹のあとは、色素沈着をおこして黒ずみの原因になります。
かゆくて掻いてしまうと炎症、湿疹の跡がひどくなるので注意してください。

お尻をきれいに保ちたいといって、あまりゴシゴシ当たってしまうのは良くありません。
お尻の皮膚はデリケートなので、あくまでも刺激を与えず優しく洗い、お尻ニキビも同時に予防しましょう。

お尻ニキビは、できてしまうと色素沈着の原因となってしまう事があります。

>>おすすめケア用品は、こちらの記事でご確認ください。

原因を把握して、それに合った方法でケアしましょう

お尻に黒ずみができる原因は、様々あります。
まずは自分のお尻の黒ずみの原因を把握し、それに合った改善策を考えていきましょう。
お尻の黒ずみの自宅ケアには、美白効果や保湿効果があるお尻の黒ずみ専用クリームがおすすめです。

また、普段から下着や生活習慣などにも気を付けてお尻の黒ずみを予防していきましょう。
なかなか改善されずに不安な場合は、皮膚科や美容皮膚科医へ相談するのもおすすめです。

原因に合ったスキンケアで、マシュマロ美尻を手に入れましょう!

お尻の黒ずみに悩む人に…おすすめ関連記事
お尻の黒ずみを改善!美尻クリームおすすめランキング
お尻の黒ずみをケアすると言っても、お尻用クリームは沢山あります。数あるお尻ケア商品の中でも黒ずみに効くクリームを比較しランキングにしています!