お尻の黒ずみやシミの悩みに!塗るだけ簡単美尻クリームランキング

繰り返すおしりニキビの原因と皮膚科に行かなくても治る治療法

【お尻の黒ずみシミ用クリームランキング】簡単ケアで見せたくなる桃尻に♪ > おしりのニキビ > 繰り返すおしりニキビの原因と皮膚科に行かなくても治る治療法

お尻は自分ではなかなか目に入らない部位。
ふと鏡に映ったお尻を見ると、ブツブツだらけの汚尻になっていて驚く人も多いです。

彼氏とのことやプール・温泉などのイベントを考えると、つるんと綺麗なお尻になりたいですよね。

しかし、
「スキンケアをしていても治らない(むしろ悪化した)」
「皮膚科に行った方が良いのかもしれないけど、見せるのが恥ずかしい」

と治すのが難しい部位でもあります。

この記事ではお尻ニキビができてしまう原因から皮膚科に行かなくてもできる最適な治し方を解説していきます。

そもそもこれはおしりニキビ?おしりのブツブツの症状と名前

おしりにできた肌の盛り上がり…。

「これはおしりニキビ?」「それとも別のできもの?」と悩まれている方は多いのではないでしょうか。

おしりニキビと似た皮膚疾患で「粉瘤」「おでき(せつ)」があります。
おしりニキビとは治療方法が変わってくるので注意しましょう。

では、まずは、おしりにできているものが「おしりニキビ」なのかをチェックしていきましょう。

おしりニキビ


おしりニキビチェックポイント

  • 中心に白い芯がある
  • 痛みはあるが、しこりはない

おしりニキビは見た目は少し赤みがかっていて、炎症が進むと腫れて痛みがでてくることがあります。
しこりのようなものがなく、中心に白い芯があるのが特徴です。
おしりニキビはセルフケアでも治せます。

おしりニキビと間違えやすい粉瘤・せつ(おでき)

粉瘤

  • 皮膚の表面に穴が開いていて、黒い点に見える
  • 皮膚の下にあるしこりを指でつまめる
  • しこりから臭いがする

せつ(おでき)

  • 赤く腫れあがっている
  • 膿がたまっている部分が柔らかい
  • 痛みを感じる

これらのできものはおしりニキビと対処法も変わってきます。

>>おしりニキビ以外の「おしりのできもの」についてはコチラ

おしりニキビができる原因

お尻にできたブツブツがニキビと分かったところで、お尻ニキビの原因について解説します。

おしりニキビの原因は大きく分けて乾燥詰まりの2つがあります。

原因(1)乾燥による肌のバリア機能の低下

おしりは、しめつけや、座った時の圧力などによって、血流が悪くなりやすい部分です。

血流が悪くなると、肌に栄養が行き渡らなくなるため、新陳代謝が乱れて乾燥します。

おしりが乾燥したことに気が付かず、ケアをしないままだと、乾燥によって肌のバリア機能が低下していきます。

ニキビの原因菌である「アクネ菌」の入りやすい、おしりニキビができやすい環境になってしまいます。

原因(2)角質化によって起こる毛穴詰まり

おしりは、しめつけや圧力だけでなく、下着や衣服などによって、摩擦などの刺激も受けやすい部分です。

刺激を受けると、肌を守ろうと、角質化が起こります。

そのまま角質化が進むと、毛穴から汚れが排出しづらくなります。
汚れは菌の温床になるので、おしりニキビができやすい環境となります。

また、おしりニキビだけではなくおしりの黒ずみの原因にも。
黒ずみを作らないためにも、肌に刺激を与えないようにケアしていく必要があります。

なる早完治には回復力を高める保湿×抗炎症×美白成分

  • 保湿するように気をつけている
  • ダメージは与えていない
  • 通気性はよくしている

「だけどなかなかニキビが治らない!」という人は居ませんか?

実はなるべく早くお尻のニキビを治したい場合、原因となる乾燥予防やダメージ予防だけでは不十分です。

炎症を抑え、積み重ねたダメージによるニキビ跡や黒ずみケアも一緒にする事が綺麗なお尻への近道になります。

バリア機能を高める「保湿成分」
代表成分…セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン
赤み、炎症を抑える「抗炎症成分」
代表成分…グリチルリチン酸2K、アラントイン、カミツレエキス
ニキビ跡や黒ずみをケアする「美白成分」
代表成分…トラネキサム酸、プラセンタエキス、ビタミンC(誘導体)

保湿力も抜群で角質にも浸透!おしりニキビにはハーバルラビットがオススメ!

ハーバルラビット公式サイト

おしりの黒ずみ、ニキビ、シミのトータルケア向けにつくられたハーバルラビット。

無着色、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリーの無添加で、デリケートなおしりにも安心して使えます。

保湿×抗炎症×美白成分配合でしっかりケア!

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、三大保湿成分をすべて配合しているから長時間潤いが続きます。

また、グリチルリチン酸2Kで既にできているニキビの炎症を抑えニキビの悪化を防ぐことができます。

プラセンタ、ビタミンC誘導体が黒ずみやニキビ跡をケアしてくれる…!
デリケートゾーンの黒ずみにも使用できます♪

テレビで紹介されたり雑誌モデルの子も愛用…!口コミの評価も◎

ハーバルラビットはモデルの子も多数愛用しており、テレビやラジオでも活躍中の村田莉ちゃんも愛用中!

某大手口コミサイトでも高評価なので安心ですね◎

60日間の全額返金保証有り!

いきなり定期購入は不安だと思いますが、ハーバルラビットには60日間の全額返金保証があります…!

「肌が荒れた」「全然効果が実感できない」そんな場合は返金が可能です◎

ハーバルラビット公式サイト

おしりニキビに市販薬は有効?市販薬は成分がイマイチ!

ニキビといえば、手軽な価格で市販薬を購入する事もできます。

しかし、市販では早く治すのは難しいです…。
上で紹介した保湿や抗炎症、美白成分に注目して解説していきます。

商品名 ハーバル
ラビット
ニベア(青缶) オロナインH軟膏 ペアアクネクリーム
保湿成分 トリプルヒアルロン酸
セラミド
コラーゲン
スクワラン
ホホバオイル
グリセリン
オリーブオイル
なし
殺菌・抗炎症成分 グリチルリチン酸2K なし なし イブプロフェンピコノール
美白成分 プラセンタエキス なし なし なし

ニベアやオロナインは美白成分や抗炎症成分が入っていません。

保湿成分は入っているものの、どれもオイル系のため角質化した肌には浸透しにくいのが難点です。

また、市販のニキビケア商品もニキビをケアする殺菌・抗炎症成分は入っていますが、既にできたニキビ跡をケアする美白成分は含まれていません。


実は比較している商品に限らず、市販薬はどれかしか効果がないものがほとんどなんです。

市販薬を使っているけどなかなか改善されないのはこのためです。

>>保湿、美白、抗炎症のトリプル効果!ハーバルラビットの詳細はこちら

保湿・角質ケアと合わせて行いたいおしりニキビ対策方法

おしりニキビの原因は乾燥と角質化によって起こる毛穴の詰まりです。

肌の状態を整えるためには、保湿・角質ケアだけでなく、肌に触れるものを選んだり、生活習慣や食生活に気を付けることも大切です。

つづいては、角質・保湿ケアと合わせて行いたいおしりニキビ対策方法を紹介していきます。

服や下着は通気性の良い天然素材を

化学素材やタイトすぎる衣服や下着は肌の摩擦を起こしたり、汗をためやすいので、ニキビの原因になります。
できるだけ締め付け感が少なく、通気性の良い天然素材の衣服や下着を選ぶようにしましょう。

バランスの良い食事を心がける

肌の材料となる良質なタンパク質を多く含む大豆製品や肉、魚、卵製品などをしっかりととるようにしましょう。
また、ビタミン類は肌の調子を整えてくれます。

質の良い睡眠をとる

睡眠不足や心身へのストレスが蓄積された状態が続くと、ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌量が増加し、ニキビができやすくなります。
また、女性は月経や妊娠などの影響でホルモンバランスが崩れやすく、ニキビもできやすい状態になるので気をつけましょう。

おしりニキビではない?気になるできもの・ブツブツの正体とは

ここまで、おしりニキビの原因と治し方について紹介をしてきました。

ここからは、おしりニキビと間違えやすい皮膚疾患について紹介をしていきます。

粉瘤(ふんりゅう)

「粉瘤」とは脂肪のかたまりで、アテロームとも呼ばれています。
垢や脂肪などが毛穴の内側にたまってしまって皮膚が盛り上がることによってできる良性の腫瘍で、毛穴部分にくぼみが見られるという特徴があります。

粉瘤は、ニキビのようにセルフケアで治るものではありません。
治療をするためには、皮膚科などの専門医による診察を受けることが必要になります。

通常は痛みもかゆみも引き起こさないケースが多いので放置してしまいがちですが、放っておくと細菌感染による炎症を起こして赤く腫れあがり、痛みを生じる場合もあります。
粉瘤かもしれないと思ったら、皮膚科などで医師に相談しましょう。

せつ(おでき)

せつは、ニキビとよく似た皮膚疾患です。
ニキビの原因は毛穴の皮脂詰まりが主ですが、せつは毛穴より奥にある「毛包」に黄色ブドウ球菌という細菌が入り込み、化膿したものです。

赤く腫れて熱をもったり、膿が出たりすることもありますが、皮膚科で適切な治療をすれば1週間程度で腫れが引く場合が多いです。

おできができる原因はさまざまですが、ストレスや体調不良などによって免疫力が低下したときによく起こるといわれています。

毛包炎(毛嚢炎)

毛包炎の特徴
・小さな赤い発疹がある
・発疹の中央に赤い膿がある

「毛包炎」とは、毛穴の奥深くにある毛包で、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が繁殖することによって起こる皮膚疾患です。
小さな赤い発疹ができ、中央には赤い膿が出る場合もあります。

放置しても数日で症状が治まる場合が多いです。
まずは毛包炎が治るように、おしりを清潔に保ちましょう。
症状が治まったら「おしりのスキンケアアイテム」も合わせて使って予防するのがオススメです。

毛孔性苔癬

毛孔性苔癬の特徴
・小さくて赤い、ブツブツとした発疹がある
・広範囲にでている

「毛孔性苔癬」とは、体の毛穴に角質が充満して表皮にまで盛り上がり、ぶつぶつができる皮膚疾患のことを指します。
小児時期や思春期にみられることも多く、遺伝が原因となっているのではないかといわれています。

痛みやかゆみが生じることはほとんどなく健康上の問題はありませんが、ぶつぶつしていて見た目が気になる場合は、美容皮膚科による治療やスキンケアの見直しなどでの改善が期待できます。

セルフケアでの対処が難しいものは迷わず皮膚科へ

セルフケアで治らないものは、皮膚科で専門の医師による治療を受けましょう。
ニキビ治療で主に使用される内服薬は、抗生剤やビタミン剤です。

抗生物質などで毛穴に起こっている炎症を抑え、ビタミン剤などの服用も組み合わせながら、ニキビが治りやすい環境を整えていきます。
場合によっては、ステロイド系の薬が処方される場合もあります。

ステロイド系の薬の服用に不安を感じる方は、前もって医師に伝えておきましょう。
外用薬では、「ディフェリンゲル」「外用レチノイド」「抗菌剤外用薬アクアチム」などが処方されます。

また、内服薬・外用薬以外にも、「ケミカルピーリング」と呼ばれる治療を受ける場合もあります。
ケミカルピーリングとは、専用の酸性ピーリング剤を患部に塗り、古い角質を取り除いて肌の新陳代謝を促進することで、ニキビができてしまった箇所の皮膚再生を促す治療方法です。

おしりニキビには「保湿」が大切

おしりは日頃は人に見られることの少ない部位ですが、薄着になったときや温泉に入るときなどには意外と目立つものです。
水着姿になったら大きなニキビが…ということにならないよう、日頃からしっかりとケアを行っておくことが大切です。

おしりニキビは、乾燥と角質化によって起こる毛穴の詰まりが原因です。
保湿をしっかりして、おしりニキビを治す&予防しましょう。

おしりニキビにはハーバルラビットがオススメ

お尻の黒ずみに悩む人に…おすすめ関連記事
お尻の黒ずみを改善!美尻クリームおすすめランキング
お尻の黒ずみをケアすると言っても、お尻用クリームは沢山あります。数あるお尻ケア商品の中でも黒ずみに効くクリームを比較しランキングにしています!