お尻の黒ずみやシミの悩みに!塗るだけ簡単美尻クリームランキング

おしりの痛い黒ずみの原因とは?!解決策を徹底リサーチ!

【お尻の黒ずみシミ用クリームランキング】簡単ケアで見せたくなる桃尻に♪ > おしりの黒ずみ対策 > おしりの痛い黒ずみの原因とは?!解決策を徹底リサーチ!

ニキビ跡にも効果あり!お尻の黒ずみケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常:7,000円
→キャンペーン:4,250円
>>詳細はコチラ
通常:10,000円
→キャンペーン:5,195円
>>詳細はコチラ
通常:7,000円
→キャンペーン:4,470円
>>詳細はコチラ
>>なんでハーバルラビットが1位?

どうしても座り続けなければならない機会が多い人は、お尻に黒ずみや痛みが発生してしまうことが多いようです。
しかし、そんなお尻の痛みや黒ずみの悩みを解消する手段は意外と知られていないですよね。

当記事では、座り続けることによっておしりに発生する肌トラブルに対して、効果的な解決策を詳しく解説していきます。

おしりの黒ずみ・痛みの原因は?

お尻にできる黒ずみや痛み、このような症状はどのような原因から起こるのでしょうか。
詳しくみていきましょう。

長時間座る人がなりやすい!

お尻の痛い黒ずみは、長時間ずっと座り続けていることによって起こります。

事務職や長距離ドライバーといった座り仕事の方、受験生などは、長い時間座り続けなければなりません。
摩擦や圧迫によって刺激を受けたおしりは、メラニン色素を過剰に生成します。
そのメラニンが色素沈着を起こし、黒ずみとなってしまうのです。

座っている時には、体重のほとんどがお尻にかかるため、お尻の皮膚に対する負荷や摩擦が相当膨大になります。
長時間に及べば及ぶほど、お尻への負担は増大するのです。

黒ずみや痛みの程度は、体型とも関係しています。

体重のある太っている人の方が負荷が大きいように思われがちですが、むしろ、痩せている人の方がお尻の皮膚が薄いため、そのぶんお尻への負荷も大きく、痛みも感じやすいのです。

他にも、睡眠不足・栄養不足によるホルモンバランスの乱れも、黒ずみの原因となります。

おしりは蒸れやすい場所!

お尻は下着やイスとの接触により汗が蒸発しにくく、通気性の悪い場所で、かぶれやすい場所です。
蒸れた状態が続くと、菌が増殖されますので、お尻ニキビの原因であるアクネ菌も増え、ニキビ跡による黒ずみの原因となってしまいます。

また、蒸れによって皮膚がぶよぶよになり、わずかでもお尻を移動させるだけで強固な摩擦が生じてしまい、炎症にいたる恐れもあります。
炎症が進んでいけば、火傷のようにおしりの皮膚がめくれ、黒ずみの出現はもちろん痛みがひどく、座っていることすら耐えられなくなることもあるようです。

女性の場合、生理中はさらに蒸れやすいので注意が必要です。

この時に炎症などを生じさせてしまえば、雑菌によって皮膚が床ずれを起こす恐れもあります。

そこまで至る事例はまれですが、長時間の座りっぱなしによるお尻への負荷は、決してあなどれません。

おしりの黒ずみ・痛みを和らげるには?

おしりの黒ずみや痛みを和らげるには、保湿やピーリングジェルが適しているでしょう。
それぞれのケア方法を以下に解説していきます。

しっかり保湿する

黒ずみや痛み対策として保湿ケアを行うと、肌のターンオーバーを促すことになります。
お尻ニキビや黒ずみの発生を未然に抑えるばかりでなく、これまでに発生したものについても改善していくことができ、美白対策にもなるのです。

1日あたり、2度ほどの保湿がオススメです。
保湿する時間帯の目安としては、起床後と入浴後、この2セットが望ましいでしょう。
特に、入浴後はおしりが乾燥しやすいので、しっかりと保湿してください。

お尻の皮膚がデリケートな状態になっていることからすれば、刺激が少なく保湿力の高い、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されたクリームが適切です。

黒ずみや痛みの程度が激しいようであれば、トラネキサム酸やビタミンC誘導体などの美白成分を含んだ商品を用いると、美白ケアにもなりますので、おすすめです。

黒ずみの痛みにはデリケートゾーンのクリームを

黒ずみが痛む方は、皮膚が炎症している可能性があるので、肌に刺激がないデリケートゾーン用のクリームがおすすめです。

お尻はとても繊細な部位なので、通常の部位に使用することを前提とした軟膏を用いてしまうと、炎症や痛みをさらに悪化させる可能性があります。
また、お尻と膣は近い場所に位置しているので、最悪の場合、膣炎に至る恐れもあります。

そのため、お尻の黒ずみに痛みが伴う方には、デリケートゾーン用クリームでのケアをおすすめします。

薬局やドラッグストアで販売されている「●●軟膏」といった製品は、低刺激かつ炎症や滅菌作用に期待できることから、繊細な皮膚を持つお尻の治療にも適していると言えます。

ただし、このようなクリームを使うのは、急遽重大な事態が発生した場合に留めておきましょう。

説明書などに記載されている使用方法を遵守し、1週間程度も継続使用しているにもかかわらず、何らも回復の兆しが見られないようであれば、専門の医療機関を受診するようにしてください。

また、肌への刺激を極力減らすよう、圧迫感の強い下着の着用は控えましょう。

黒ずみ対策にはピーリングジェル

おしりの黒ずみ対策のためにまずすべきことは、固くなってしまった角質を剥がし、毛穴に詰まった皮脂を取り除くことです。

本来剥がれるはずの角質が剥がれず、毛穴に皮脂が詰まってしまうと、ニキビや粉瘤の原因にもなります。

角質ケアには、市販でも取り扱われているピーリングジェルを使いましょう。
ジェルのなかには、美白効果を兼ねているものや、おしり以外の部位にも使用可能な製品もあります。

ピーリングジェルを使う頻度は、目安として週に2、3度程度にとどめておきましょう。
毎日の使用してしまうと、肌トラブルの原因になりかねません。

ピーリング後の肌は敏感になっているので、終わった後には必ず、クリームや化粧水などで保湿するようにしましょう。

ただし、黒ずみの原因によってはピーリングでも改善できないものもあるということに注意が必要です。

イスに長時間の座りっぱなしなど、摩擦やニキビ・ニキビ跡によって生じた黒ずみであれば、色素沈着が原因となっていることから、ピーリングの効果には期待できます。
しかし、肌奥にまで浸透しているニキビができている場合など、痛みがある黒ずみに対しては、角質をケアするピーリングが不向きなことも覚えておきましょう。

皮膚科には、シミと同じく黒ずみにもレーザーでの治療方法があり、薬で行うケミカルピーリングと呼ばれる治療法もあります。
即効性を求める方は、皮膚科での受診も検討してみるのも良いでしょう。
ただし、病院での施術や手術には、それなりの治療費がかかることも覚えておきましょう。

綺麗なおしりでいるための予防法

座り続ける機会が多い人でも、お尻の黒ずみや痛みを和らげたり、きれいなお尻を維持できる方法があります。

弾力性の高いクッションを使用する

長時間座る機会が多い人は、お尻への負担を軽減するために、クッションを使用するようにしましょう。

黒ずみや痛みが発生してしまう原因のなかで多くを占めているものが、座っている際のお尻の圧力です。
木製や金属製など固い材質でできているイスであれば、とても固いために普通の場合よりもおしりへの圧力が高まってきます。

そうした圧力を、クッションで分散させることが重要なのです。

低反発タイプの固めなものや、綿や羽毛を素材としているクッションは、使用している間に潰れてくるので適していません。
使用するのであれば、エアークッション高反発タイプのクッションがおすすめです。

姿勢よく座る

目安として2時間以上の長時間、座ったまま何も移動しないようであれば、黒ずみや痛みが発生しやすいと言えるでしょう。

座り方自体が悪ければ、位置が段々とズレていくために、おしりの皮膚に対してさらなる負担を与えかねません。
長時間座っている際に痛みやしびれがある人の場合は、座り方自体に問題がある可能性もあります。

座る際は、骨盤で立つような感じで姿勢よく座るようにしましょう。

そうすることで、お尻以外の太ももにも圧力が散らばり、お尻に対する圧力を逃がすことで痛みの軽減にも繋がります。

適度な休憩をとって血流を良くする

たとえクッションを使用していたり、姿勢を正して座っていたとしても、長時間の座りっぱなしは確実にお尻に大きな負担を与えています。

1時間から2時間に1度は立ち上がり、お尻の血行を改善するようにしましょう。
お手洗いやタバコ、コーヒーや紅茶などを準備しにいくなど、なるべく座ったままでいないことが重要です。

運転中など立つことがままならない場合には、赤信号になった際にでもおしりを上げてみたり、任意の店舗に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

セルフケアでも改善しない場合は皮膚科へ

上記でご紹介したセルフケアを徹底して行ったにもかかわらず、おしりの痛みが改善しないようであれば、床ずれが起こっている可能性があるかもしれません。

床ずれとは、皮膚が壊死または腐る皮膚病の一種です。
単に座り続けているだけで床ずれに至ることは滅多にないですが、必ずしも絶対にないとは言い切れません。

そこで、単なる炎症なのか、床ずれなのかを自分で判断できる方法をご紹介します。

痛みがある場合、お尻の皮膚の赤みがある部分を指などで抑えてみましょう。

  • 白色に変化
    さほど重篤な症状ではなく、単なる炎症に留まります。
    炎症であれば、黒ずみになる可能性はありますが、病院で治療してもらうほどではないでしょう。
  • 赤色のまま
    床ずれの初期症状の可能性があるといえるでしょう。
    床ずれは皮膚が腐っていくもので、赤くなることの継続が初期症状なのです。
    初期症状から次の段階への進行は早く、わずか1時間から2時間程度で悪化するとされています。

床ずれが見られた際には、やや熱いタオルを用いておしりを温めることを経て、マッサージを行うと応急処置になります。

ただし、あくまでも応急処置に留まるものですので、床ずれであることが確認されれば、なるべく早く皮膚科を受診することが望ましいでしょう。

今日からでもおしりの黒ずみ・痛み対策を!

当記事では、どうしても座り続けなければならない場合のおしりの黒ずみや痛みの原因を探っていくとともに、対処方法について解説してきました。

仕事などでどうしても座り続けなければならない方、お尻の黒ずみや痛みにお悩みの方は、今回ご紹介した簡単なケア方法を実践し、美尻を目指しましょう。

皮膚科では黒ずみのレーザー治療、お尻のニキビ治療なども行われています。
即効性を求める方は、活用してみてください。

また、お尻の黒ずみや痛みがあまりにも酷い状態であれば、床ずれに至っている恐れもあります。
そのような場合は、放置せずに、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

お尻の黒ずみに悩む人に…おすすめ関連記事
お尻の黒ずみを改善!美尻クリームおすすめランキング
お尻の黒ずみをケアすると言っても、お尻用クリームは沢山あります。数あるお尻ケア商品の中でも黒ずみに効くクリームを比較しランキングにしています!