お尻の黒ずみやシミの悩みに!塗るだけ簡単美尻クリームランキング

おしりのざらざら・黒ずみはピーリングでオフ!おすすめスキンケア法

【お尻の黒ずみシミ用クリームランキング】簡単ケアで見せたくなる桃尻に♪ > おしりの黒ずみ対策 > おしりのざらざら・黒ずみはピーリングでオフ!おすすめスキンケア法

ニキビ跡にも効果あり!お尻の黒ずみケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常:7,000円
→キャンペーン:4,250円
>>詳細はコチラ
通常:10,000円
→キャンペーン:5,195円
>>詳細はコチラ
通常:7,000円
→キャンペーン:4,470円
>>詳細はコチラ
>>なんでハーバルラビットが1位?

女性だけでなく、男性であっても汚いおしりだと嫌になってしまいますよね。

おしりのざらざらや黒ずみは多くの人にとって大きな悩みの一つです。

おしりは自分ではなかなか見えないため、銭湯やプールなどで他人から黒ずみを指摘されたり、触ってみてざらざらだったことにショックを受ける場合も少なくありません。

この記事では、おしりのざらざらや黒ずみの解消法を中心に、美尻になるための方法について紹介していきます。

お尻のざらつき・黒ずみにはピーリングがおすすめ

お尻の皮膚には角質肥厚になる可能性もあるほど分厚い角質があり、その角栓を剥がすためのお尻ケア方法としては入浴時のピーリングやスクラブがおすすめです。

ざらざらしている状態であれば、皮膚はなおさら角質で覆われやすい傾向にあります。

そのため、保湿を肌の奥へ浸透させ、水分を充分に行き渡らせるためには、事前に皮膚に残っている角栓を剥がす必要があり、そのために、ピーリングやスクラブが有効なのです。

週2回のピーリングがおすすめ

ピーリングとは、クエン酸などの酸のパワーにより肌表面の角栓を剥がしていく手法のことです。

ピーリングに含まれる酸は、クエン酸以外にも、リンゴ酸やブドウ酸(酒石酸)などのフルーツ酸を用いたピーリングジェルがあるので、体質に見合ったものを選択すると良いでしょう。

肌負担が大きそうに聞こえますが、意外と刺激は低めなので、乾燥肌や敏感肌の人、肌があまり強くない人にも適しています。

ピーリングの頻度は始めたばかりの頃であれば、週2回程度がオススメです。

低刺激ではありますが、症状の緩和が見られるなど、経過によって回数を減少させていくことも必要です。

スクラブは皮脂性の肌質の人におすすめ

スクラブは、塩や砂糖などのきめ細かい粒を用いることにより、角質層にある古い角栓を除去していくものです。

いくらきめ細かい粒子でも、ピーリングに比べると、肌刺激は強めなので、スクラブを使った角栓除去は脂性肌など肌が強めな人に適しています。

自分の肌タイプに合わせて、ピーリングかスクラブのどちらを選択するかも大事なポイントです!

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)・毛孔角化症の方は要注意

ぶつぶつの原因が毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)・角化症といった皮膚疾患の場合は悪化する恐れがあるので注意してください。

黒ずみやぶつぶつ、ざらざらなどの原因が、単なる色素沈着でない場合は、ピーリングやスクラブを行っても改善されないどころか、悪化させてしまうことが懸念されます。

毛孔性苔癬はいわゆる皮膚疾患の一種であり、症状としては、赤褐色で2~3ミリ程度のぶつぶつが広い領域で出ます。
主な発症場所の二の腕のほか、おしりでも発症し、完治は困難なようですが、大きく健康を損なうものではありません。

原因はホルモンバランスの崩れや、遺伝だとされ、尿素が含有されている保湿クリームが治療に有効とされています。

ピーリングやスクラブをすることが適切でない場合もあるので、自分の症状をしっかりと認識し、注意してケアを行いましょう。

美白成分入りの保湿剤でしっかりアフターケア

ピーリングで古く固いおしりの角質を剥がした後は、肌が乾燥しやすく敏感な状態になっているため、入念に保湿する必要があります

おしりの黒ずみの解消には特に、美白成分を含んた美容液などの商品を用いてアフターケアを行うことが重要です。

美白ケアのための有効成分には、トラネキサム酸やビタミンC誘導体、それにアルプチンやハイドロキノンなどといったものが存在します。

ただ、外用薬であるハイドロキノンはあまりにも効果が強すぎるため、市販薬を購入するのではなく、用法・用量は医師の指導に従いましょう。

黒ずみや色素沈着が改善しないのは、肌の乾燥も大きな理由の一つです。

肌は年齢に応じて、また入浴の度に、潤い成分であるセラミドやヒアルロン酸をなくしています。
これを補充するために、セラミドやヒアルロン酸などの美容成分が配合された保湿クリームや保湿美容液を選択することが望ましいでしょう。

また、保湿剤を塗るついでにおしりをマッサージすると、黒ずみの改善に加えて、たるみ予防や、おしりに蓄積されている毒素の体外排出も期待できます。

美白効果を実感するまでには、少なくとも3カ月程度はみておきましょう。
時間をかけてメラニン色素が生成されにくい肌にしていくためにも、1日に2度ほど保湿ケアを実施することが重要です。

お尻にぶつぶつや黒ずみができる原因

おしりにぶつぶつやざらざらが発生する原因は、新陳代謝の乱れによって角質の生まれ変わりが阻害され、古いものばかりが溜まっていくことで、肌の角質が分厚くなっていくことにあります。

健康的な食事や十分な睡眠で、肌の角質のターンオーバー低下を防ぐことが大切です。

一方で、おしりの黒ずみは、長時間の座りっぱなしなど、おしりに負荷や摩擦が加わることで圧迫され、メラニン色素の過剰分泌が根付いてしまうことに起因している場合が多く、いわば色素沈着のことです。

おしりはとてもデリケートな部分とされてはいますが、顔や手足などの肌よりも角栓が分厚いため、外部刺激からの保護能力に長けています。

その反面、イスに座りっぱなしといった普段の行動から、肌細胞が生まれ変わらず、色素沈着に至ってしまうのです。
これがおしりのざらざらや黒ずみの原因となりかねないのです。

さらにおしりは日常生活の大部分で、下着と密着状態にあることから、とても蒸れやすく、ニキビやあせも、かぶれなどの症状が起こる可能性が高いのです。

このような症状の発生により、肌を保護する働きが過剰になってしまい、メラニン色素が異常に多く分泌されてしまいます。

お尻の黒ずみ・ザラつきの予防策

普段からできる、おしりの黒ずみやザラつきの予防法にはどのようなものがあるのでしょうか?

特に長時間座りっぱなしや寝転がったままの状態、また、体に密着した衣服を着用する機会が多ければ、おしりの血流の阻害により、体内へ毒素を蓄積させ、結果としておしりの黒ずみやざらつきにつながります。

まずはなるべく緩めの衣服を着用するように心掛けましょう。

下着もキツキツなものは避け、天然素材のものを付けるのがおすすめです。

体重を分散できるクッションを使用する

座りっぱなしや寝ころんだ姿勢を長時間してしまうことが多ければ、椅子や寝転ぶ場所とおしりの間にクッションをはさみ、なるべくおしりに対する負荷を分散させるようにしましょう。

あるいは、1~2時間に一度は立つなどして休憩をいれ、おしりの血行改善を促しましょう。

定期的なピーリングと保湿を行う

おしりの黒ずみとざらつきの予防のためにも、定期的なピーリングと保湿は効果的です。

ピーリングの開始当初は1週間に2度程度、黒ずみやざらざらが解消しつつある場合は、様子を見つつスパンを広げていきましょう。

保湿については、おしりの黒ずみの予防を目的とするならば、美容液タイプのものよりは保湿クリームのほうが適しています。

保湿クリームは、美白成分よりも保湿成分のほうが多くを占めているため、肌を保湿しながら保護機能を向上させることができ、黒ずみを予防できるのです。

これはおしりの黒ずみ解消だけでなく、一般的な化粧品にも該当する基本的なことなので、頭に入れておくと便利です。

早く治したい方は皮膚科がおすすめ

これまで紹介してきた対策法では、少なくとも3カ月程度は経過を見る必要がありますが、もっと早く治したい場合は、皮膚科や美容皮膚科、エステなどの受診をオススメします。

特に美容皮膚科では、おしりの黒ずみやざらざらなどについて、詳細を把握する医師が在籍しているため、各症状に照らし合わせた治療に期待できます。

例えば、美容皮膚科では肌細胞を生まれ変わらせる作用を持つケミカルピーリング、メラニン色素を除去するレーザー治療の施術が可能です。

ケミカルピーリングでは、グリコール酸やサリチル酸、それにトリクロロ酢酸や乳酸などが使われる治療法で、副作用の恐れもあるものの、家庭用の薬では実現できない効果が期待できます。

治療の経過によっては、飲み薬や錠剤としてのビタミン剤、患部へ塗布するための美白剤の入った薬などをもらえることがあります。

いち早く治したい場合には、即効性のある治療方法を提案してくれる美容皮膚科が適しているでしょう。

他方、エステでは、医療行為は禁止されているために、肌の維持がメインとなっていますが、セルフケアでは徹底できないケアやアフターケアを受けることができます。

症状や価格など、自分の状況に合わせて、医療機関やエステに行くことも検討してみましょう。

丁寧なおしりケアでツルツルの美尻は手に入れられる!

ここまでおしりの黒ずみ・ざらざらのスキンケア方法について解説してきましたが、いかがでしたか?

おしりの黒ずみやざらざらを解消していくためには、おしりに加わる摩擦の回避したり、正しい生活習慣で、ターンオーバーの正常化をはかったりしましょう。

また適度にピーリングやスクラブで角質を除去する、保湿によるアフターケアを徹底するなども有効な方法のひとつです。

自分で行うスキンケアよりもさらに迅速に解消したい場合は、美容皮膚科やエステなども視野に入れておくと良いでしょう。

継続的な美尻ケアでにキレイなおしりを手に入れましょう!

お尻の黒ずみに悩む人に…おすすめ関連記事
お尻の黒ずみを改善!美尻クリームおすすめランキング
お尻の黒ずみをケアすると言っても、お尻用クリームは沢山あります。数あるお尻ケア商品の中でも黒ずみに効くクリームを比較しランキングにしています!