お尻の黒ずみやシミの悩みに!塗るだけ簡単美尻クリームランキング

【徹底解説】ハイドロキノンでおしりの黒ずみ対策!使用法や注意点!

【お尻の黒ずみシミ用クリームランキング】簡単ケアで見せたくなる桃尻に♪ > おしりの黒ずみ対策 > 【徹底解説】ハイドロキノンでおしりの黒ずみ対策!使用法や注意点!

ニキビ跡にも効果あり!お尻の黒ずみケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常:7,000円
→キャンペーン:4,250円
>>詳細はコチラ
通常:10,000円
→キャンペーン:5,195円
>>詳細はコチラ
通常:7,000円
→キャンペーン:4,470円
>>詳細はコチラ
>>なんでハーバルラビットが1位?

お尻の黒ずみは、スキンケアを怠ることによって発生します。
人に見せる機会がないためにそのままにしてしまうことも多いですが、いったん起こってしまうと、なかなか改善に至りません。

さて、お尻の黒ずみに効果的なハイドロキノンという塗り薬をご存知でしょうか?

お尻の黒ずみの治療法には、医療機関でのレーザー治療やケミカルピーリング、セルフケアではお尻の黒ずみ専用クリームなども人気ですが、ハイドロキノンが今、注目されています。

この記事では、美白効果があり、お尻の黒ずみ解消に効果的な一方で、その使用には様々な注意が必要なハイドロキノンを紹介します。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、化学合成物質のような響きがしますが、美白成分が含まれる天然成分の一つです。
イチゴや麦芽、それに細菌類や海洋生物種などのほか、コーヒーや紅茶などの飲料にも含まれています。

ハイドロキノンはメラニン色素の生成や、色素沈着の原因となるチロシナーゼ酵素の発生を抑制する効果があり、外用薬として美容皮膚科などでシミや黒ずみの美白ケアに役立っています。

濃度が薄いものは市販でも取り扱いがありますが、確実に効果的にお尻の黒ずみを直すためには、美容皮膚科での施術がおすすめです。

ハイドロキノンがお尻の黒ずみに効くメカニズム

ハイドロキノンは、お尻の黒ずみの根本原因、メラニン分泌を抑制する効果と、チロシナーゼを不活性化し、細胞中のメラニンを除去する効果があります。

ビタミンにも、メラニン分泌の抑制作用はありますが、黒ずみが発生してしまった段階ではあまり改善に期待できないことから、せいぜい予防にしか用いることはできません。

一方で、ハイドロキノンは、別名「肌の漂白剤」とも称されているほどで、特にアメリカでは、早い段階で医療品として採用されていました。

現在ハイドロキノンは着目されつつありますが、国内では未だ知る人ぞ知るものに留まり、あまりそのメカニズムを活かせている人は多くいないのが現状です。

おしりの黒ずみ対策・ハイドロキノンの使用方法

ハイドロキノンは、朝と晩の2度、黒ずみの程度が酷い箇所に塗布するのが通常の使い方です。

ですが、市販品と医療機関による処方薬とでは、使い方が異なることがあるため、どちらの場合でも使用法に注意し、誤用のないようにしましょう。

用法・用量を守る

ハイドロキノンは、濃度の濃いものを長期間継続して使用してしまうと、効果が強すぎるあまり、肌が異常に白くなり、「白斑」と呼ばれる症状に至る可能性があります。

使用濃度の目安は、5%に達しないものですが、黒ずみの程度が軽ければ、1~3%程度のもので充分です。

市販品はもちろん、処方薬でも注意して扱いましょう。

また、おしりの黒ずみが改善されたら、使用をやめましょう。

手で直接触れることは白斑に至る可能性もあるため、綿棒に取りながらの使用がおすすめです。

おしりの皮膚はデリケートなので、なるべく濃度の低いものを選び、改善につれて使用量を減らすことを心掛けましょう。

ハイドロキノン使用後は保湿をしっかり行う

ハイドロキノンは美白クリームなどと比べても刺激が強く、塗った後は肌が乾燥しやすくなるので保湿をしっかりと行う必要があります。

ハイドロキノン使用後のおしりは、外部刺激にとても敏感になっています

乾燥肌は、黒ずみだけでなくシミや色素沈着も発生しやすくなるため、保湿クリームなどでいつもよりも入念に保湿をしましょう。

ハイドロキノンを使用する際の注意点

ハイドロキノンには、市販でも取り扱い可能な種類と、医療機関のみで処方される種類の2種類が存在します。

この2つは主に濃度が異なり、市販品は処方薬よりも濃度が薄められています。

濃度が濃いハイドロキノンは、美白ケアの力が大きい分、皮膚疾患などの副作用についても注意が必要です。

黒ずみの程度に応じて、市販薬か皮膚科の処方薬かを選択することが大切です。

用法・用量を厳守する

ハイドロキノンは、朝と晩の2度、黒ずみが発生している部分に塗布します。

効果を出すためにも、安全性を保つためにも、市販品を用いる場合は、説明書をしっかりと読み、医師から処方される場合には、しっかりと指示に従いましょう。

また、ハイドロキノンを用いる際は、原則として黒ずみやシミなどが発生している箇所のみに使用しましょう。

本来であれば正常な箇所にハイドロキノンを塗り続けると、皮膚の色素が不規則に脱色し、白斑が発症する可能性があります。

白斑は多くの場合、使用中断によって自然治癒しますが、治りにくいため、なるべく最初から触れさせないことが適切です。

また、一般的な黒ずみ対策として、ハイドロキノン以外にも、トレチノインを使うことがあります。

トレチノレインは、肌のターンオーバーを促進させるビタミンAを誘導し、古い角質ケアに効果が期待できますが、ハイドロキノンとトレチノインの同時使用はやめましょう。

一緒に使うことで、相乗効果が得られる場合もありますが、おしりを含め、ワキや乳輪、おへそ周り、デリケートゾーンなどの箇所では、色素沈着を悪化させる危険性があります。

おしりへの使用は肛門や膣についてしまうことも懸念されるので、特に注意が必要です。

使用期限を守る

ハイドロキノンを使う際は、使用期限を守り、古くなったものを用いることは控えましょう。

ハイドロキノンの酸化を防止するためにも、一度開封した後は温度の低い場所で管理し、保存状態を良くするために、保管時には密閉しましょう。

また、時間の経過につれて効果が薄まるため、なるべく早期、1~2カ月程度で使い切ることが望ましいでしょう。

保湿・紫外線対策をしっかり行う

ハイドロキノンを塗ったあとは、保湿や紫外線対策を徹底しておくことが重要です。

ハイドロキノンは、紫外線と不適合なため、ハイドロキノンを使用している状態で紫外線対策を行っていなければ黒ずみやシミなどに悪影響を及ぼします。

そのため、ハイドロキノンを使う場合には保湿とともに紫外線対策も行っておくべきです。
紫外線対策には、SPFが20を上回る日焼け止めが適切です。

皮膚の弱い人は使用しない

ハイドロキノンは、体質に応じて向き不向きがあります。
皮膚が弱い方は、使用を控えるようにしましょう。

ハイドロキノンの性質上、炎症などの肌トラブルを起こす可能性もあります。

使用前にパッチテストを実施し、異変がないか確認しましょう。

気になる症状が出たら皮膚科を受診する

気になる症状が出た場合、また、ハイドロキノンの種類選択に迷った場合には、皮膚科を受診することをオススメします。

「皮膚科と同程度のハイドロキノンが入手できる」と、個人輸入を利用する方もいますが、やめましょう。
濃度の高いハイドロキノンは白斑のみならず、発がん性の危険までもあるため、医師の指導もなく、使用することは非常に危険です。

言うまでもなく、安全に美白ケアを行うことが最も大事です。

お尻を黒ずみから守る予防法

おしりは日常生活のなかで、諸々の要因により負荷がかかっている箇所です。
そのため、普段からできる予防法を紹介します。

黒ずみからおしりを保護するためには、普段からなるべく掻いたり通気性の悪い下着を着用したり、過度な刺激を加えないことが重要です。
また、蒸れやすいおしりの性質からすれば、普段から清潔に保っておくことも不可欠といえます。
特にイスに座る機会の多い人は注意が必要です。

普段からお尻を保湿する

おしりにも普段から適切な保湿をすることが重要です。

毎日、入浴後や起床後には、おしりの保湿を行いましょう。

最も効果的なのは、一番おしりが清潔な状態である入浴後とされています。

おしりの黒ずみの予防としては、油分や黒ずみに対する有効成分が多くに含まれている保湿クリームが望ましいです。

美容成分が含まれているものもありますが、こちらは美白有効成分の割合が多いために、予防よりもむしろ改善のほうに効果があります。

そのため、普段の保湿には、クリームタイプのものが最も適しています。

デスクワークの人は座り方を工夫する

デスクワークで一日の大半を座って過ごす人は、座り方を工夫しましょう。

クッションなどを活用する

普段から長時間座りっぱなしの機会が多い人は、イスとおしりとの間にクッションなどをはさんで座るように心掛けましょう。

座っている際のおしりに対する負荷の分散は、黒ずみの防止に非常に有効です。

低反発のものや固めなもの、綿や羽毛が素材のクッションは、使用している間に潰れてくるので、お尻の黒ずみの予防のためには適していません。

うまく負荷を分散できるクッションを選びましょう。

適度な休憩をとる

おしりの血行を改善することも、おしりの黒ずみの予防に効果があります。

長時間座る際には、少なくとも1時間から2時間に1度は休憩をとるなどして立ち上がりましょう。

長距離運転などの際は、意識的にカフェやコンビニなどの店舗へ行き、長い間座りっぱなしの状態にならないようにしましょう。

【使用方法に注意!】ハイドロキノンでのおしり黒ずみ対策

美白効果が期待できるハイドロキノンは、おしりの黒ずみ対策の治療薬として非常に効果的だということがわかりました。

しかし、使用にあたって注意すべき事も多くあり、使い方を誤ればさらに黒ずみを悪化させる恐れもあります。

医師の指示や注意書きに従った、適切な使用をして、美尻を目指しましょう!

お尻の黒ずみに悩む人に…おすすめ関連記事
お尻の黒ずみを改善!美尻クリームおすすめランキング
お尻の黒ずみをケアすると言っても、お尻用クリームは沢山あります。数あるお尻ケア商品の中でも黒ずみに効くクリームを比較しランキングにしています!