お尻の黒ずみやシミの悩みに!塗るだけ簡単美尻クリームランキング

お尻の黒ずみはレーザーで治す!おすすめクリニック紹介

【お尻の黒ずみシミ用クリームランキング】簡単ケアで見せたくなる桃尻に♪ > おしりの黒ずみ対策 > お尻の黒ずみはレーザーで治す!おすすめクリニック紹介

確実に、お尻の黒ずみをキレイにしたいのであれば、クリニックでレーザー治療を受ける方法があります。

お尻は黒ずみができやすい反面、改善が難しい部分です。
ホームケアを頑張っても、なかなか黒ずみがキレイにならなかったり、気づいたら「黒ずみが悪化していた…」というケースがあります。

レーザー治療は、お尻の黒ずみ除去に速効性があり、ほとんどの人が効果を実感できます
いっぽう、高額な費用や、施術による痛み・肌トラブルのデメリットがあります。

今回は、お尻の黒ずみ治療法として、「レーザーの特徴・種類・費用・注意点」を解説します。
また、レーザーの種類ごとにオススメのクリニックを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

お尻の黒ずみをレーザー治療する特徴

レーザーによる黒ずみ治療は、ほとんどの人に効果が期待できます。
お尻の黒ずみを、レーザーで治療する特徴を、詳しくみていきましょう。

レーザーがお尻の黒ずみに効果的な理由

レーザー治療は、「医療行為」にあたります。
医師にしか扱えない高度なレーザーを使用するため、効果が出やすいわけです。

また、お尻の黒ずみに効果を感じるまでの期間が、もっとも短いといわれています。
なるべく短期間でお尻の黒ずみをなんとかしたい人は、レーザー治療がよいでしょう。

レーザーは、黒ずみのほかに、お尻のニキビや肌荒れなどのトラブルを解消できます
黒ずみや肌トラブルのないキレイなお尻になりたい人は、レーザー治療が効果的というわけです。

レーザー治療がオススメな人

お尻の黒ずみ治療で、レーザー治療がオススメな人は、以下のとおりです。

  • ホームケアやエステサロンの施術で効果が出なかった
  • なるべく早くお尻の黒ずみをなくしたい
  • 黒ずみ以外に、ニキビといった肌トラブルを抱えている
  • 肌が弱く、薬剤を使えない

お尻の黒ずみケアに「即効性を求めている人」や「確実に効果を出したい人」、「肌の悩みを抱えている人」は、レーザー治療を検討してみるとよいでしょう。

レーザー治療の回数・期間

レーザー治療は、1回の施術で効果がでるわけではありません。
効果までの目安は、施術5回以上です。

レーザーの種類やクリニックによりますが、最短でも1~2週間に1回の治療をおこない、1ヶ月弱の期間が必要です。

とはいえ、レーザーは、肌が敏感になる治療法のため、2週間以上の間隔で施術をおこなうクリニックがほとんどです
通院期間は、3~6ヶ月のあいだで考えておくとよいでしょう。

レーザー治療の費用

レーザー治療は、1回の施術で1~5万円が相場です。
お尻の黒ずみ治療でレーザーを使用する場合は、「自由診療」となるため、皮膚科によって料金にばらつきがあります。

また、お尻の黒ずみ治療は、「保険適用外」となり、ほとんど実費負担です。
効果が出るまでに、最低5万円以上の費用が必要です

レーザー治療のデメリット

お尻の黒ずみに即効性があり、効果の高いレーザー治療ですが、いっぽうでデメリットが存在します。
レーザー治療を検討するうえで、注意しておきたいポイントを説明します。

レーザーによる痛み・肌トラブル

レーザー照射による痛みや、施術後に赤みや炎症、かさぶたなどの肌トラブルをかかえる可能性があります。

施術中の痛みは、「輪ゴム弾かれた程度」といわれていますが、感じ方は人それぞれです。
「痛くない」と感じるひとがいるいっぽう、痛みを強く感じてしまう人がいます。

麻酔」を用意している皮膚科もあるため、痛みが不安な場合は、事前に相談しておきましょう。

また、レーザーは少なからず肌の刺激となるため、肌質や当日の体調によって、肌トラブルをおこす可能性があります。

とはいえ、医師による治療のため、トラブルがおこってもすぐに対処してもらえます
肌トラブルの可能性をゼロにはできませんが、心配し過ぎる必要はないでしょう。

治療期間中のホームケアに手間がかかる

レーザーの効果を感じるために、治療後のケアは欠かせません。
治療後のお尻は、非常に敏感な状態です。

摩擦や刺激に対して、極端に弱くなっているため、いつも以上に入念なホームケアが必要です
皮膚のバリア機能が低下しているため、ホームケアを怠ると、かえって黒ずみを悪化させてしまいます。

黒ずみの再発・悪化防止のために、レーザー施術後は、ホームケアを欠かさずおこないましょう。

>>皮膚科でできるレーザー以外の治療について知りたい方は、こちら!

お尻の黒ずみを除去するレーザー治療の種類

お尻の黒ずみに効果があるレーザー治療法は、3種類あります。
症状によってオススメの種類が変わるいっぽう、皮膚科によって使用できるレーザーが限られている場合があります。

レーザーの特徴を、3種類それぞれみていきましょう。

レーザーホワイトニング

レーザーホワイトニングは、黒ずみの原因であるメラニン色素に直接はたらきかける治療法です。

特徴 1回の施術で効果を感じられる
費用(1回) 最大で2万円程度
施術の回数目安 5回
痛み 輪ゴムで弾かれた程度
副作用 施術後、かさぶたができる

メラニンに直接作用する強いレーザーを使用しており、お尻の黒ずみや色素沈着、シミに効果的です

また、レーザーホワイトニングは、おしりの割れ目といった細かな部分まで照射できます。
効果が高いレーザーのため、2~3ヶ月ごとに施術します
とはいえ、1回の施術でかなりの効果を感じられるため、比較的に早い期間で満足できるでしょう。

また、治療に薬剤を使用しないため、肌が弱いひとでも施術ができます。

南青山スキンケアクリニック

レーザーホワイトニングを受けられる病院に、南青山スキンケアクリニックがあります。

料金 1回:12,000円、5回セット:50,000円
場所 南青山

南青山スキンケアクリニックは、別料金で、ホームケアに効果的なケアクリームや薬を用意しています
治療後のホームケアが不安な場合は、クリニックで用意されている化粧水や医薬品を活用してみるとよいでしょう。

>>南青山スキンケアクリニック公式サイト

レーザーピーリング治療

レーザーピーリング治療は、肌のターンオーバーを促し、黒ずみの原因である古い角質を除去する治療法です。

特徴 肌を健康で美しい状態に導く
費用(1回) 2~6万円
施術の回数目安 3~6回
痛み 使用する機械で異なる
副作用 術後の痛み、赤み

レーザーピーリング治療は、脱毛レーザーと同じ強い波長をもつ光を照射することで古い角質を除去し、肌の生まれ変わりを助けます

また、照射する光はコラーゲンの生成を促したり、産毛の除去、毛穴の引き締め効果があるため、黒ずみ治療と同時に美肌ケアができます。

ターンオーバーが正常になり、細胞の生成が活発になることで、黒ずみのほかに、肉割れや肌のざらつきを改善します

レーザー機の種類

レーザーピーリング治療に使われる代表的なレーザー機は、2種類です。

  • YAGレーザー
  • フラクセルレーザー

2種類のレーザーによる効果の違いはありませんが、YAGレーザーはほとんど痛みを感じないという特徴があります。
フラクセルレーザーは痛みが生じるケースがありますが、強い場合は麻酔でやわらげられます。

クリニックによって、扱っているレーザー機が異なるため、痛みが不安なひとは事前に確認しておくとよいでしょう。

いずれのレーザー機も、薬剤は使用しないため、アトピーといった肌質に関係なく施術できます。
ただし、光アレルギーのひとは施術できません

アベニュー・ウィメンズ・クリニック

アベニュー・ウィメンズ・クリニック(AVENUE WOMEN’S CLINIC)は、YAGレーザーによる施術ができます。

料金 1回:10,800円
クリニックの場所 六本木

大きな特徴として、医師・スタッフが全員女性です
また、付き添いであっても男性の来院を断っています。

女性しかいないクリニックのため、お尻の黒ずみといったデリケートな相談をしやすく、通院しやすい魅力があるクリニックといえます。

>>AVENUE WOMEN’S CLINIC公式サイト

クロモライト(アクネライト)

クロモライトは、ニキビ治療用レーザーですが、メラニン色素にダメージを与える働きがあるため、黒ずみや色素沈着改善にも効果が期待できる治療法です。

特徴 肌への負担がほとんどない
費用(1回) 1~3万円
施術の回数目安 5回
痛み 若干ある
副作用 特になし

クロモライトは、肌への負担が少なく、術後の赤みやかさぶたの心配がほとんどありません
敏感肌や、肌が弱いひとにオススメなレーザー治療といえるでしょう。

お尻ニキビは無意識に潰してしまいやすく、ニキビ跡は黒ずみの原因です。
黒ずみのほかに、ニキビが気になる場合は、クロモライトで同時に治療していくのがオススメです。

湘南美容外科

アクネライトを扱っているクリニックに、湘南美容外科があります。

料金 1回:22,680円(初回トライアル8,900円)、5回:106,310円
クリニックの場所 新宿、神戸

湘南美容外科は、アクネライトのほかに、ピーリングやイオン導入といった別の治療を併用できます
尻にきび治療セット」というプランがあるなど、併用して複数の治療がおこなえるため、早く黒ずみを改善できます。

>>湘南美容外科公式サイト

レーザーによるお尻の黒ずみ治療中に気をつけたいこと

レーザー治療中は、肌が敏感になっています。
最後に、レーザー治療中に気をつけておきたいポイントを解説します。

紫外線厳禁で過ごす

レーザー治療中は、UVケアを念入りにする必要があります。
皮膚が紫外線に対して極端に弱くなっているため、日焼けは黒ずみに直結する恐れがあります。

紫外線は天気や季節を問わず降り注いでいますから、レーザー治療中はUVケアを欠かさずおこないましょう。

保湿をする

レーザーで角質を除去することで皮膚のバリア機能が低下しているため、保湿で肌を保護するようにしましょう。

皮膚科によっては、施術の一環で保湿剤を処方してくれる場合があります
保湿ケアに不安がある場合は、クリニックに相談するようにしましょう。

肌の負担を極力減らす

なるべく皮膚の摩擦や擦れがおきないように対策しましょう。
きつめの下着や衣類は避け、なるべくゆるめで、肌にやさしい素材のものを選んでください。

また、肌が敏感な状態のため、お尻のムダ毛処理にカミソリや毛抜きの使用を控える必要があります。
毛抜きやカミソリは肌への負担が大きいため、バリア機能が低下しているときに使用すると、炎症を引き起こす恐れがあります。

普段の生活・食事に気を配る

黒ずみは、刺激に限らず、睡眠不足や栄養不足などの内的要因で引き起こされます。
体の代謝が落ちると、ターンオーバーの周期が乱れてしまうため、黒ずみが改善しづらくなります

黒ずみを改善したい場合は、日頃の生活を見直し、健康的に過ごすよう心がけましょう。

お尻の黒ずみに即効性を求めるならレーザー治療がイチバン!

お尻の黒ずみの治療法として、レーザーについて解説してきましたが、いかがでしたか?

少しでも早くお尻の黒ずみを改善したい場合は、レーザー治療がオススメです。
レーザー治療は「医療行為」にあたり、高い効果が期待できます

とはいえ、保険適用外の治療となるため、費用の負担額が大きくなります。

また、治療中は、皮膚が敏感になっているため、ホームケアを念入りに行う必要があります。

レーザー治療の種類や費用は、クリニックによって異なります。
医師との事前カウンセリングで、ホームケアを含む不安点を相談できるようにしておくとよいでしょう。

>>「まずは自宅でのセルフケアを試してみたい…」という方はこちらをチェック!

お尻の黒ずみに悩む人に…おすすめ関連記事
お尻の黒ずみを改善!美尻クリームおすすめランキング
お尻の黒ずみをケアすると言っても、お尻用クリームは沢山あります。数あるお尻ケア商品の中でも黒ずみに効くクリームを比較しランキングにしています!